TECHNOSTRUCTUREの家

​未来にずっと続く住まいを

「木の家に確かな安心を約束したい」
そんな願いをこめて生まれた「テクノストラクチャーの家」。
木と鉄を組み合わせたテクノストラクチャー工法の強さと安心の上に、パナソニックの技術を活かした心地よい居住環境品質や、太陽光発電をはじめとする省エネ・創エネなどのエコ性能、そして、上質で洗練されたデザイン性をプラス。さらに、メンテナンスやリフォーム体制もしっかりと整えます。

LONG=いつまでも安心して長く住み続けられること
SMART=いつまでも快適に便利にお得に暮らし続けられること
「ロング&スマート テクノストラクチャーの家」は、あなたの人生と共に、ずっと幸せな未来に続きます。

※長期優良住宅の認定を受けるには、別途申請が必要です。プランなどにより、認定を受けられない場合があります。

長期優良住宅ならではの長く優しく良いクオリティ

税控除などの優遇がいっぱい。省エネはもちろん太陽光発電などによる創エネでお得なゼロエネルギーライフも実現。さらに、「かせるストック」で賃貸などの運用利益を生み出せる住まいへ。長期優良住宅仕様だから「テクノストラクチャーの家」は、資産価値が高く、経済性にも優れています。

長期優良住宅

ずっと長く安心して住める長期優良住宅仕様

省エネ

ずっと快適な居住環境

​ずっとお得な省エネ性能

税金の優遇措置

長期優良住宅にはうれしい優遇措置がたくさん

ZEH

省エネ×創エネで電気代ゼロの暮らしへ

賃貸運用で家賃収入

賃貸支援制度「かせるストック」で安心賃貸運用

長期優良住宅仕様の家って?


多世代が、長期間住み続けることでさまざまな価値を生み出す長期優良住宅仕様の家。 長期優良住宅仕様の家 「建てては壊し、また建てる」から、「いい住まいを建て、長く大切に住む」へ。そんな時代の声から生まれたのが、長期優良住宅制度です。まず、地震などの災害に強く、高い耐久性を備えること。さらに断熱性など室内の環境を高め、省エネに貢献できること。そんな長く快適に安全に住める仕様で、何度も住宅を建てる経済負担を減らし、住宅の建設や解体による環境負荷も少なく。住まい自体の資産価値も高まり、減税などの優遇も受けられます※。「テクノストラクチャーの家」は、長期優良住宅の基準を高いレベルで満たした住まい。安心や節約など、長く住み続けるほどに、あなた人生、あなたの家族に、さまざまなメリットを生み出します。 ※公式な認定が必要です。プランなどによっては認定を取得できない場合があります。




災害から、住まいが家族を守る


地震や台風、あるいは豪雪。日本は自然災害の多い国。だからこそ住まいには、万一の災害から家族をしっかりと守る強さが大切です。「テクノストラクチャーの家」は、家を支える梁に木と鉄を組み合わせた「テクノビーム」を使い、柱と梁の接合にオリジナル金具を使って強い構造を追求。最高等級である耐震等級3、耐風等級2、耐積雪等級2に対応※しています。地震にも負けず、強い風にも負けず、冬の積雪にも負けずに家族を守り、どんな時も家族が安心して寄り添えるそんな住まいになりたいと願っています。 ※間取りや立地条件によります。




安心が見える家がいい


安心が見える家 「強い家」、「頑丈な構造」と言っても、その強さや頑丈さに根拠はあるの? 一棟ごとに違う構造や間取りの注文住宅でも、同じ強度が備わっているの? そんな疑問に答えるために、「テクノストラクチャーの家」が行っているのが、“構造計算”。構造計算とは、それぞれの間取りや地域の条件に応じて、住まいの強度を計算するものですが、それぞれの間取りが異なり、複雑であるにも関わらず、2階建て以下の木造住宅では義務化がされていません※。しかし、「テクノストラクチャーの家」は独自のプログラムを開発。すべての住まい、それぞれの設計ごとにしっかりと強度を計算します。一般地域では388、多雪地域では440と、法定よりもはるかに多い項目をチェック。こうした確かな裏付けがあるからこそ、安心をお届けできるのです。※延べ床面積:500㎡以上のものを除く。




隠れた所にも耐久性を


数世代にもわたって住み継いでいける住宅をめざした「テクノストラクチャーの家」。普段は目に見えない骨組みが劣化しにくいことは基本中の基本です。例えば、「テクノビーム」の鉄部分にサビ防止の亜鉛めっき処理を施したり、構造に用いる木材には防腐処理や白アリ対策を施したり、床下を支える床束に白アリに強い鋼製の「テクノ束Ⅱ」を使用したり。壁にも、内部を空気が循環する「壁体内通気構法」を採用して湿気を逃がし、住まいの大敵“結露”を抑えます。その結果、通常の維持管理の条件下で75年程度使用しても劣化しないレベルを実現し、劣化対策等級で最高ランクの3を取得。見えない所にも最善を尽くしているから、お子さまへ、さらにお子さまのお子さまへ受け継いでいける住まいを実現できるのです。




暮らしが変われば、住まいも変わる


5年、10年、20年。歳月とともに、お子さまが誕生し、成長し、家族構成は変わっていきます。時代とともに、ライフスタイルも変わり、暮らしが求めるアイテムやデザインも変わっていきます。そんなとき、部屋の数や広さ、インテリアが容易に変えられること。それも、長く住み続けられる住まいの条件です。強度の高い梁「テクノビーム」によって、一般的な木造住宅より柱の間隔を広げることができる「テクノストラクチャーの家」ならリフォームはもっと簡単。場所を自由に決められる間仕切り壁「フリーウォール」をご用意。構造を理由に間取りの変更をあきらめなくても大丈夫です。その時々の暮らし方や家族の希望に応じ、ベストの住空間を実現。家族の理想の家であり続けます。




手入れ上手な家が、長持ちな家


住まいは消耗品です。どんなに耐久性を高めたとしても、年月を重ねれば、少しずつ傷みが出てきてしまいます。ずっと快適に保ちずっと安全に暮らし続けるには、やはり、定期的な点検や修繕、部材の交換が欠かせません。だから、「テクノストラクチャーの家」は、点検口や清掃口など、設計段階でメンテナンスに配慮。建築時から将来に向けた定期的な点検・補修の計画をつくり、アフターサービスの窓口「リビングベル※」で、住まいのカルテともいえる点検・修理を記録した住まいのデータを保管します。長く住み続けられる住まいとは、長く手入れをし続けられる住まい。お気に入りの道具のように、住まいも大事にこまめにお手入れをしてこそ、愛着もより一層深まります。
※24時間365日のサポートは、コールセンターでの一次受付対応です。
※本サービスはリビングベルにご契約のお客様が対象です。
※このサービスは有償です。詳しくは担当者へお問い合わせください。




いい家は、資産になる、収入になる


長い人生、いろいろな出来事があるはずです。時には転勤も、定年後には田舎への移住も、老後にはマンションや施設への入居も。実は、そんな時こそ長期優良住宅仕様の「テクノストラクチャーの家」が強い味方になります。10年、20年経っても安全や快適が維持できていれば、より高額での賃貸や売却が可能。また、いざという時に賃貸の斡旋、終身借上げ、一人目の入居者決定以降の空き家時の賃料終身保証などのサポートを行う、社団法人 移住・住みかえ支援機構の「かせるストック」の認定も受けられます。つまり、資産としての価値が高いのです。ローンの残債があっても、転勤や移住の際に、家賃収入が得られれば安心です。長期優良住宅仕様の「テクノストラクチャーの家」は、人生設計にも役立ちます。




長期優良住宅で節税も


長期優良住宅仕様の「テクノストラクチャーの家」が得られる経済的なメリットは、まだまだあります。それは、減税やローンでの優遇措置。一般の住宅と比較すると、所得税からの控除額は10年間にわたって最大で100万円アップ※。住宅資金贈与の非課税枠が500万円も拡大します。これらの優遇措置を受けて、建てる際にも、建ててからも、「テクノストラクチャーの家」は、経済的なメリットに優れています。※所得税から控除しきれない場合は、一部住民税からも差し引くことができます。 ※平成33年12月31日までの場合




環境に優しく、お財布に優しく


家族がいつも快適で健やかに過ごせること、そして、無駄を省き暮らしのコストを下げること。それは、長い年月を超えて家族がずっと住み続けていくためには、大切なこと。「テクノストラクチャーの家」は、断熱性能を高め、そこにパナソニックならではの省エネ性能が高い住宅設備を採用。さらに、太陽光発電などの創エネ設備の機器とエネルギーの見える化を行うHEMS(ヘムス)を加えることで、エネルギー収支0のゼロエネライフをめざします。家の構造の強さと先進のスマート性能で、家族の心身への優しさも、家計への優しさも。それもまた、家族を守る住まいの務めだと「テクノストラクチャーの家」は、考えます。




断熱上手が快適上手、節約上手


例えば寒い冬、帰ったわが家が暖かく迎えてくれること。例えば暑い夏、くつろぎのひとときが涼しく爽やかなこと。そんな何気ないことで、暮らしはもっと満たされます。「テクノストラクチャーの家」は、「サーモロック」、「くるみ~な」、「吹付硬質ウレタンフォーム断熱材」などさまざまな仕様で断熱性能を高め、さらにサッシの性能にもこだわっているから、最高クラスの断熱等性能等級4が取得可能。もちろん、冷暖房効率もアップして、光熱費も節約できます。毎日快適に暮らすことで健康に貢献し、毎年の積み重ねで家計にも貢献する。長く住むほどに、その価値は、家族を笑顔にします。




「電気を使う」から、「電気を創る」へ


省エネの意識やエコロジーの気運が高まるいま、住まいにおいて、省エネに最も効果的な仕様として注目されるのが太陽光発電です。住まいとしての安全や美観を守りながら、太陽光発電による創エネを活用した暮らしへ。「電気を買って使う」から「電気を創って売る」暮らしが始まります。必要な電力を自宅でまかない、余った電気を売る「売電」によって収益を得ることで、長い人生で驚くほど経済的なメリットが得られます。エネルギー収支0も、もう夢ではありません。




電気をコントロールする


こまめに電気を消したり、天気や気温を気にしたり。もっと簡単に節電はできないの? そんな声に応えるのが、HEMS。HEMSとはHome Energy Management Systemの略。簡単に言えば、家の中の電力の流れを“見える化”するシステム。いま使っている電気はどのくらいか、電力会社から買っているのか太陽光発電しているのか、無駄に電気を使っている部屋や家電がないかなどのチェックができます。テクノストラクチャーの家ではこのHEMSに、外出先からエアコンを遠隔操作したり、住まいのどこにいてもスマホで照明を消したりなどのさまざまな機能をプラス。さらに空気清浄機の運転やお風呂のお湯張りのリモコンも可能です。「家計のため、環境のため、暮らしの中でもっともっと省エネをしたい」「快適さを保ちながら省エネをしたい」。そんな願いを、先進の技術でかなえます。




省エネ設備


断熱にこだわり、太陽光発電を取り入れて、HEMSを採用しても、それだけで終わりではありません。LED照明、省電力のエアコン、あるいは自動OFF・自動調節といったエコ機能を搭載した設備機器など、さまざまな設備に省エネ製品を使用すれば、家族の省エネ意識も高まり、さらに省エネに。「テクノストラクチャーの家」ならではのスマートライフを実現します。




住空間もスマートにモダンに


暖かさや涼しさといった肌で感じる心地よさとともに、もうひとつ、外観の美しさやインテリアの上質さという、目で、感性で感じる心地よさも大切な要素。スタイリッシュなフォルムやお気に入りのデザインもまた、長く愛せる住まいには欠かせません。柱の間隔を広げることが可能な「テクノストラクチャーの家」は、設計の自由度が高いのが特徴。変形敷地でも無駄なく活かせる「斜め壁」、都市部の面積が限られた敷地条件でも車2台の並列駐車できるビルトインガレージが可能な「Mフレーム」、限られた空間を縦に有効活用できる「スキップフロア」など、そのメリットを活かして、制限のある敷地や個性のある空間に対応する建築メニューを用意しています。さらに、質感の高い内装も多彩にラインナップ。想いをカタチにし、住まう方が納得できる空間デザインを実現できます。




テクノストラクチャーの家の住宅ローン減税


ローン控除の差が10年で最大100万円にも。 住宅の取得に伴って10年間受けられる住宅ローン減税。長期優良住宅の「テクノストラクチャーの家」なら、所得税の控除額は年間最大50万円に。一般住宅よりも10万円アップし、10年で100万円もの差になります。減税でお得になった分を住まいづくりで何かとかさむ出費に充当できます。 ※平成33年12月31日までの場合 ●建築コスト 東日本大震災の復興需要、オリンピック施設建設による建築需要の高まり、物価の上昇、円安による輸入資材費のアップなどで上昇が続く建築コスト。この状況が続くようなら、早めに住宅を建てる方が費用を抑えられます。 ●住宅ローン金利 日本銀行のマイナス金利導入もあり、現在、類のない低金利が続いています。返済の負担を減らすなら、住宅資金の借り入れは、いまが良い時期と言えそうです。 ●消費税 2019年10月1日までに、8%から10%に上がる予定の消費税。建築費用が2000万円なら40万円、3000万円なら60万円の負担増に。家具や家電、引越費用も同様に上がります。




住宅資金贈与の非課税枠


ご両親からの資金援助にもお得な優遇。 住宅資金贈与の非課税枠 念願のマイホーム取得を応援してくれるご両親やご祖父母様からの資金援助。長期優良住宅の認定取得の場合、その非課税枠は、一般住宅の700万円に対して、なんと1,200万円に拡大。「テクノストラクチャーの家」ならご家族の温かいサポートを、大切にできます。




テクノストラクチャーのゼロエネルギーハウス


一歩先の技術で、一つ上のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を。 電力問題、環境問題が重視されるいま、注目されるのが「ZEH」。一言で言えば、使うエネルギーを抑えながら、太陽光発電などでエネルギーを創り、その収支をゼロにする住宅です。2020年には、新築住宅の標準とされる予定です。「テクノストラクチャーの家」は、長期優良住宅の高い断熱性能に加え、省エネ、創エネ、さらに蓄エネを実現。快適性や安全性を守りながら、一つ上のゼロエネルギー品質を生み出します。




消費エネルギーを抑える


断熱性能とプランニングの工夫でエネルギーを節約。 「テクノストラクチャーの家」は、壁や屋根に断熱等を施したり樹脂サッシを採用するなど、すぐれた断熱性能を追求します。さらに庇を伸ばして夏の日射量を抑えたり、冬は南面の開口部より日射を取り込むことにより、冷暖房効率をアップ。消費エネルギーを節約します。 パナソニックの技術でエネルギー消費をコントロール。 室内外の温度差を調整して換気による冷暖房ロスを抑える「熱交換気システム」や高効率エアコンなど、消費エネルギーの少ない住宅設備を採用。また、「スマートHEMS(ヘムス)」を導入し、回路ごとに電気の消費状況を見える化・データ化して、無駄な電気使用を抑えたり、最適な電力会社や電気プラン選びも可能に。「テクノストラクチャーの家」なら、パナソニックの技術によって、賢くエネルギーマネジメントし、光熱費をセーブできます。




エネルギーを創り、蓄える


さまざまな問題で電気環境が不安定な中、意識が高まる電力の自給自足。 その鍵となるのが太陽光発電。一年中お得を生み出し続けます。 蓄電池で毎日の節約と将来に備え、エネルギーの自給自足も可能に。 効率のよい太陽光発電でも、使われなかった発電分は無駄になっていました。これまでは、条件に合えば一部を電力会社に売電できましたが、今後は売電価格も引き下げられる方向に。そこで、「テクノストラクチャーの家」は、高性能のリチウムイオン蓄電ユニットを使った「創蓄連携システム」を採用。太陽光発電の余剰電力を充電して必要な時に利用したり、お得な料金の深夜電力を充電して、昼間に利用することも可能に。発電した電力を無駄にせず、電気の購入量も購入料金も抑えられる「ゼロエネルギーハウス」を実現します。また、停電時や災害時の電源も確保でき、経済性とともに安心も。




ZEHの補助金って?


いまなら、ZEHに75万円の補助金制度※1。 現在、国では家庭でのエネルギー消費を抑えるために、ZEHの導入を支援中。その一貫として、2017年度は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業※1より、一戸当たり75万円の建築補助金※2が支給されています。「テクノストラクチャーの家」には、この交付金の対象となるゼロエネルギーハウスをご用意しています。
テクノストラクチャーのゼロエネルギーハウス※1「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」:2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を実現させることを目的に、高い断熱性能、設備、制御機構などを組み合わせたZEHを新築する建築主・所有者を対象に補助金を支給する制度。補助金支給には期限があります。2017年4月現在の情報です。※三善建設は2016年にZEHビルダーに登録しております。




安心の賃貸サポート「かせるストック」


耐久性・耐震性にすぐれ、長期のメンテナンス体制を整えた「テクノストラクチャーの家」は、一般社団法人の「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が認定する「移住・住みかえ支援適合住宅(かせるストック)」に適合。簡単な手続きで、「マイホーム借上げ制度」が利用できます。転勤などで不在となっても賃貸を斡旋。最低賃料の保証、終身借上げなどのサポートがあり、提携ローンも利用可能。わが家を有効に活用して、家賃収入で人生を支える安心のシステムです。




こんな時に、かせるストックで賃貸活用!


「転勤で引っ越し」 会社員なら、避けられない転勤。数年間は、わが家に住めない。でも、住宅ローンも残っている。さて、どうしましょう。 ⇒「かせるストック」でわが家を賃貸に。家賃で住宅ローンを返済。 「親の介護で 実家に戻る」 高齢になった親御さんのお世話で実家に同居。家を子供たちに譲るのにもまだ早い。さて困った。 ⇒一定期間、わが家を賃貸活用。賃料収入を介護費用のプラスに。 「定年後に夢の地方移住」 定年後は自然豊かな田舎でセカンドライフを。老後は都会に戻りたいから、売却はしたくない。 ⇒家を売却せずに賃貸して、 田舎暮らし。 移住先の住居費も、 老後も安心。 田舎でのセカンドライフも、マイホームを売却しないで賃貸活用すれば、移住先の住居費を賃料でカバー可能。老後はわが家に戻ったり、お子さまへの資産として保全することもできます。 「将来は高齢者住宅に入居」 老後は、介護・医療サービス付き高齢者施設に入居。愛着のあるわが家をどうしたらいいものか。 ⇒毎月の家賃収入が年金がわりに。 老後の安心も高まります。 高齢者向けの施設に入居しても、わが家を賃貸すれば家賃収入が第2の年金代わりになって安心。「かせるストック」なら終身借上げで賃借管理も任せられるから、さらに安心です。 かせるストックについてのご質問やお問合せも三善建設までお気軽にご連絡ください。





三善建設

株式会社

TEL:096-357-5107 

FAX:096-357-0954

〒861-4114 熊本市南区野田2-7-10

熊本市南区 注文住宅 住宅会社 ZEHビルダー登録店
新築 リフォーム パナソニックビルダーズグループ

© 2018 熊本 株式会社三善建設.