住まいづくりのヒント⑦省エネ

2018-10-10

みな様こんにちは。三善建設です。新築をご検討される際に、ご検討いただきたい耐震・省エネ・通風・採光・家の価値等について、ちょっと考えていただきたい、ヒントシリーズ、7回目のUPです。みな様の住まいづくりのヒントになりますように!

 

毎日使うものだから省エネタイプの機器を。

毎日に暮らしを快適なものにするために、最新の設備選びは重要です。そのさい、省エネ・節水は今や必須とされる条件です。

 

用途別の消費電力に着目

家庭での世帯あたりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費

動力・照明他 34.7%

給湯 28.3%

暖房 26.7%

厨房 8.1%

冷房 2.2%

※(財)日本エネルギー研究所「エネルギー・経済統計要覧」、資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」、総務省「住民基本台帳」をもとに作成

 

家庭におけるエネルギー消費量を用途別にみると、照明や給湯に要するエネルギーが多いことがわかります。日々のエネルギー消費量が多いものほど省エネ対応を選べば、それだけ省エネ効果も期待ができます。

 例えば照明を省エネ効果の高いLEDタイプにするのはどうでしょう。最近では自動で調光し、節約できるものもあります。

 

家庭エネルギー消費の約3割が給湯

家庭でのエネルギー消費のうち約3割を給湯が占めています。大気熱と格安な夜間電力を利用してお湯を沸かすエコキュートなら、電気エネルギーだけで沸かす場合と比べて電力消費量を抑えられます。※湯切れ防止のために昼間に運転することがあります。

 

新築・リフォーム等住宅に関するご相談・お問合せは

パナソニックビルダーズグループの三善建設:096-357-5107までお気軽にご連絡ください。

 

https://www.miyoshi-kensetsu.com/

 

Please reload

What's New

2020/09/30

Please reload

Works