地震に負けない家づくり Vol.1

2019-2-06

こんにちは、三善建設です。

 

2016年4月、震度7が2度繰り返し発生した熊本地震では、古い家だけでなく、築年数の浅い家も倒れてしまいました。建築基準法を満たしているはずなのに、原因は何だったのでしょう?

 

1.耐力壁が足りない(土壁・筋交いのない壁)

2.耐力壁の配置バランスが悪い(壁が片側に多く配置されている)

3.施工ミス(接合金具・補強金具の取付忘れ、間違い)等

あるべき壁がない時、家は倒れてしまいます。

 

倒壊のメカニズム

地震によって家が揺れる→建物が大きく傾く→2階の重みに耐えきれず1階から倒れる

地震に負けないためには、家を傾けないことが大切です!

 

熊本地震が教えてくれたこと。大切なのは壁の量と配置バランス

熊本地震で倒壊した家からわかるのは、壁が少ない、壁の配置バランスが悪いと家は倒れやすいということ。十分な量の壁を配置しなくてはいけません。

 

●揺れに耐える力のある耐力壁にすること

●大きなリビングなどどこに壁が必要かを確認

●2階建ての1階など強度が必要なところには耐力壁を設置する

 

地震に強い家をつくるには、1階を強くすること。そのためには強い壁を必要な量、必要なところにバランスよく配置することが大切です。三善建設はパナソニックのテクノストラクチャー工法により、地震に負けない耐震等級3の家づくりを実施しております。

 

新築注文住宅のお問合せ

三善建設 TEL.096-357-5107

 

 


 

Please reload

What's New

2020/09/30

Please reload

Works