地震に負けない家づくり Vol.7 「耐震等級3」にもこだわりましょう!

2019-3-22

こんにちは、三善建設です。
 

家づくりで何よりまず大切なものは、住宅会社や建築士に「構造計算」をしてもらい、強さを確かめること。そしてもう一つ、大きな安心のためにおすすめしたいのが「耐震等級3」にこだわることです。

 

「耐震等級」とは、1から3までのランクで地震に対する強さを示す指標。建築基準法を満たす最低ラインは耐震等級1相当です。

でも、熊本地震では建築基準法を守っていた多くの等級1の家が倒れ、等級2でも被害がでました。

強い揺れが何度も起こるような地震に負けないためには、やっぱり「耐震等級3」にこだわりましょう。

 

 

地震に耐える強さを示す「耐震等級」には1~3のランクがあります。

耐震等級1

建築基準法の耐震基準を満たす最低ライン。

震度6強の地震が来た時傾きはしても倒壊しないというレベル。

 

耐震等級2

耐震等級1の1.25倍の地震に耐える強さ。

一般的な病院や学校で採用される基準(避難所レベル)

 

耐震等級3

耐震等級1の1.5倍の地震に耐える強さ。

防災拠点となる消防署や警察署などを新築する際に採用される基準と同等。

 

 

新築注文住宅のお問合せ

三善建設 TEL.096-357-5107

 

 


 

Please reload

What's New

2020/09/30

Please reload

Works